モンテッソーリ教育とは

モンテッソーリ教育は
子どもたちに必要な 「生きる力」となる
大切な根の部分を育てる教育です。

地にもしっかり根をはれば、
嵐でも倒れない強い樹になり、
美しい花を咲かせ、やがて実をつけます。

マリア・モンテッソーリの写真

モンテッソーリは、イタリア初の女性医師であるマリア・モンテッソーリ(1870-1952)によって考案された教育法です。

教育学者でもあった彼女は、心理学・教育学・脳生理学などの学識を基に長い期間子どもを観察し、 実践、研究を重ね、子どもの発達を促す教育法を開発したのです。
モンテッソーリの偉大な発見と教育観は世界中に広まり、実践され、今日の教育に大きな影響を与えています。

モンテッソーリ教育の基本は、 子どもは、自らを成長・発達させる力をもって生まれてくる。大人(親や教師)は、 その要求を汲み取り自由を保障し、子どもたちの自発的な活動を援助する存在に徹しなければならない」 という考え方にあります。

モンテッソーリ教育の目的は、それぞれの発達段階にある子どもを援助し、 「自立して、有能で、責任感と他人への思いやりがあり、 生涯学びつづける姿勢を持った人間に育てる」ことです。
その目的を達成するために、モンテッソーリは、子どもを観察し、 そこから得た事実に基づいて教育法を構成し、独特の体系を持つ教具を開発しました。
その教育法の正しさは、現代の大脳生理学、心理学、教育学などの面からも証明されています。

 

幼児期の子どもは、人間としてのさまざまな能力を獲得するために環境中から、 自分の発達に必要な要素を吸収して、自己形成していきます。 そのために一時期、内面からの特別強い感受性が現れます。 モンテッソーリはこの時期の事を「敏感期」と言っています。

この時期には大きな学習が容易にでき、この時期に獲得したものは、人間の生涯にわたっての力となっていくのです。 大人の役割は、子どもの「敏感期」をよく観察し、この大切な時期を逃さないように、適切な援助をすることです。

子どもが自発的な活動に好きなだけ取り組む自由を保障し、次の様に整えられた環境を準備します。

●子どもが自分で自由に教具を選べる環境構成
●やってみたいなと思わせる魅力的な教具
●社会性、協調性を促すための異年齢混合クラス
●子どもの発達段階に適した環境を整備し、
   子どもの自己形成を援助する教師

モンテッソーリ教育の内容

子どもたちの敏感期をもとに、五つの分野に体系化されています。

感覚教育は、全ての教育の基礎となります。

1.日常生活の練習(身体発達と運動の敏感期)

日常生活の様々な練習を通して、自分の意思通りに動く身体をつくり自分でできるようになります。
自立心、独立心が育ちます。

日常生活の練習教具

日常生活の練習のようす

 

2.感覚教育

視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚の五感を洗練させる。
感覚の発達は知的活動の基礎となり、モンテソーリ教育の中でも特に、重要視されています。

感覚教具

感覚教具を使うようす

 

3.言語教育

発達段階に即した教具を使い、
「話す」「読む」「書く」の作業を通じて
語彙を豊かにすることを目指し文法や文章構成へと進みます。

言語教育の教具

言語教育のようす

 

4.算数教育

具体物を用いて量を体感し理解していく。
系統化された多くの教具によって、細かいステップを踏みながら、抽象へ移行します。
数量概念の基礎から十進法、加減乗除へと子どもを無理なく導きます。

算数教育の教具

算数教育のようす

 

5.文化教育

生物、地理、地学、歴史、音楽、美術などを主な内容としますが、それらを学ぶのではなく、
身近な事物に触れたり観察したりして、
文化を獲得する態度を養っていきます。

文化教育の教具

文化教育のようす